お尻ニキビ治し方

お尻ニキビ治し方の秘策は汗ムレ防止と角質柔軟ケア

最近顔や胸元だけでなく、お尻にも大人ニキビを抱える人が増えています。
その要因として一番考えられるのは、下着の度重なる摩擦や長時間椅子に座っている事で、お尻の角質にダメージを与えてしまい、ニキビを発症してしまうケースが殆どです。 

 

お尻ニキビが出来ると、外部の雑菌から肌を守ろうとする力が強い故に角質が分厚くなり、汚れが溜まり易い状態になります。
そしてお尻ニキビは、顔部分よりも自然治癒がしにくく、動いた弾みで鋭い痛みも伴いやすいので、なるべく早期に悪化を防ぐケアをしなければなりません。

 

お尻ニキビケアで最も気を配りたいのが、汗による乾燥やムレを極力防いで、清潔感を保つという事です。
さすがにお尻を定期的に拭くケアをしている人は少ないかもしれませんが、気が付いた時に微量の汗を拭き取るだけでも効果は違います。

 

また汗ムレを徹底的に予防するなら、予め風通しが良い綿素材の下着を履いて、雑菌の繁殖を防ぐという対策も有効です。

 

中でもピッタリとした下着を身に付けている人は、肌を締め付ける事で空気の通りを悪くしているので、余計に皮膚がカサカサしてしまいがちです。

 

くれぐれも余裕を持った下着サイズを選んで、顔ニキビと同様に同じ保湿ケアを惜しんではいけません。特にお尻周りの皮膚は乾燥でガチガチに硬くなる性質があるので、角質の柔軟ケアも重要になります。

 

お風呂で軽く尻周りのハンドマッサージを施して、血行を促す事でも角質は柔らかくなります。
ちなみに、お尻部分を保湿ケアする時は、油分の多いテクスチャーではなく、水分量が多い軽いジェルタイプの美容クリームがお勧めで、成分にプラセンタエキスやコラーゲンが含有していると尚ベストです。

 

特にジュエルレインというニキビケア商品は、サラサラとしたジェル状になっており、お尻のかさつきやボコボコになったヒビ割れにも効果があると支持されています。

 

一朝一夕では治まりにくいお尻ニキビは、こまめに汗による皮脂を素早く取り除く事に気を付け、保湿は勿論、角質を柔らかくするケアも忘れないで下さい。