フェイスライン ニキビ 治し方

フェイスラインのニキビは保湿と抗菌対策

大人ニキビがよく出来る箇所として顎周りの次に多いと言われるフェイスライン。

 

コンシーラーでもカバーしにくく、視覚的にも分かり辛い白ニキビや、ニキビ跡の黒ズミも溜まりやすいのが特徴です。 また髪の毛が直接触れる箇所でもあるので、何度も手で触っては雑菌も繁殖し易い部分でもあります。

 

そこで最初からフェイスラインにニキビができない肌の土台を作るには、保湿ケアが最重要になります。

 

特にフェイスライン部分は、Tゾーンと言われるおでこや鼻筋部分の皮膚と比較しても、水分量が半分程度と少なく、常に潤いを与えていないと乾燥を更に進行させてしまう恐れがあります。

 

更にフェイスラインのニキビを繰り返し発症していると、角質層に大きなダメージを与えるばかりで、正常なバリア機能をも破壊してしまいます。

 

ですので、保湿する時間を少し増やすだけでも、キメが荒くなった角質の肥大化を防ぎ、バリア機能の更なる向上を促す事ができます。

 

フェイスラインのニキビのケアには保湿を最も優先するのは間違いないですが、もし赤ニキビになって炎症を伴っている時は、通常の保湿化粧品だけでは改善は難しいです。

 

その時の対処法として、抗炎症成分が含有しているニキビ専用の化粧品に変えるだけで、肌の状態は一変しやすいです。また大人ニキビ全般には、ビタミンCも大変有効で、肌に取り入れる事で色素沈着を防ぎ、炎症の早期鎮静にも働きかけてくれます。

 

ビタミンCは今は手軽にサプリメントでも補給できますが、体内でどんどん吸収される故に、皮膚の深層部まで届かないデメリットもあります。

 

なので、肌表面から直接化粧品でビタミンCを注入してあげる事で、真皮の下層まで成分を浸透させる事ができ、より早くニキビの炎症を鎮めてくれます。

 

そんな頑固なフェイスラインのニキビを早期に抗菌し、且つハイレベルの保湿を施してくれる基礎化粧品はビーグレンです。

 

ビーグレンは、敏感肌にも刺激を与えない薬用成分が主材料となっているので、今あるニキビを治癒しながら予防もできる一石二鳥の化粧品です。

 

このようにフェイスラインのニキビは治りにくいからと端から諦めず、まずは保湿と抗菌を第一にケアに努め、毎日継続させる事を心掛けてみましょう。