大人ニキビ 治し方

大人ニキビの治し方や原因を徹底検証

大人ニキビ

どの年代でもニキビで悩んでいる方は多いと思います。

 

学生の方で多いのが思春期ニキビと呼ばれるもので、成長ホルモンのバランスの変化によって皮脂の分泌が過剰になりニキビを引き起こします。

 

そして20代以降の年代に多いのが大人ニキビと呼ばれるものです。
このニキビの原因は様々ありますが、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスや睡眠不足など生活環境によって皮脂分泌が過剰になることが多いです。

 

ニキビの対策や改善策として重要なのがスキンケアです。

 

ニキビを治すスキンケアと洗顔

 

特に洗顔はきちんと丁寧に行う必要があります。
しかし、洗顔はやり過ぎるのも肌が乾燥してしまい、逆にニキビの出来やすい肌を作ってしまうことになるので洗顔料を使用した洗顔は1日1回程度にしましょう。

 

洗顔方法はまず泡立てネットでしっかり泡を立ててから顔に泡を優しく乗せて指先で伸ばしていきます。この時に擦ったりすると肌にダメージを与えてしまうので注意しましょう。

 

洗い流す際にはぬるま湯でしっかり泡を流しましょう。
洗顔後は保湿も重要ですので化粧水をしっかり塗りましょう。

 

保湿力の高い成分としてコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などがあるので化粧水を選ぶ際には配合成分もきちんとチェックしておきましょう。

 

ニキビ改善の食べ物

 

また肌のスキンケアも大切ですが、ニキビ予防になる食べ物もあります。
有名なものでビタミンCと呼ばれる成分があります。

 

これは皮脂の分泌を抑制する効果だけではなく、コラーゲンを生成する上で必要な成分なので美肌効果もあると言われています。代表的な食べ物としてレモンがありますが、他にもアセロラやブロッコリーにも含まれています。

 

逆にニキビが出来やすい食べ物は揚げ物などの脂っこい食べ物や、
チョコレートや生クリームなどの糖分の多い食べ物もニキビが出来やすくなる食品なので食べる量には十分気をつけましょう。

 

睡眠もニキビケアにとっては大切で特に22時〜2時の間はゴールデンタイムと呼ばれる時間で肌のターンオーバーが行われていると言われています。
なので夜遅くまで起きているのではなく出来るだけ早い段階で睡眠をしっかりとることも大事なのです。

 

背中やお尻にもできる大人ニキビ

 

大人ニキビの特徴は、生活習慣が原因であることが多く、顔ニキビ以外でも背中ニキビやお尻、胸にできることがあります。

 

デスクワーク中心で長時間椅子に座っている方や、汗をかきやすい労働をしている方は、背中やお尻に圧迫して乾燥や皮脂の詰まりを起こしやすくなります。

 

さらに食生活や睡眠不足、ストレスなどによって顔以外に、背中などの体の部位にニキビが表れることもしばしば見受けられます。

 

顔ニキビを治す方法と同じく、背ニキビやお尻ニキビであっても食生活に注意して、保湿力の高いスキンケアを使うことが大切。
現在では、その体の部位ごとによって保湿効果の高いスキンケアがあります。例えば背中ニキビであればこちらのサイトhttp://www.frogyellowart.net/で紹介されているのような背中専用のスキンケアを使うことにより、早くそしてキレイに改善に導かれるでしょう。

 

顔や体に大人ニキビができたとお困りならば、食生活の改善と部位専用のスキンケアを使うことがお勧めです。

 

 

身体にできるニキビというのは、食生活と大きな関係があります。
不摂生な食生活というのは人間の体に対してネガティブな影響があるものですが、それは肌も同様なのですね。

 

例えば胃腸です。その箇所が弱ってしまっていると、主に口の周辺にでき物が発生します。
つまり普段の食生活で、胃腸がダメージを受けている可能性があるのですね。

 

であれば、胃腸に対してネガティブな影響が無い食材を摂取するのが良い訳です。
具体的には、消化されやすい食材ですね。豆腐などは比較的消化効率が良いと言われていますし、バナナなども悪くありませんね。

 

白魚なども効果があると言われています。ですので口の周りにニキビができているような時は、ちょっと消化が良い食材を摂取するよう心がけてみると良いでしょう。

 

またあご下の部分に対して、ニキビが発生している方もいらっしゃいます。
そのような方の場合は、ちょっと運動不足な傾向がありますね。

 

コレステロールが蓄積されてしまっているので、あご下の部分に対する不具合が発生している事があるのです。そのような時には、主にキノコや海藻などが良いと言われています。

 

できるだけ早い段階でその食材を摂取する方が、ニキビが解消されるスピードも早まります。
それと前述のあごの中でも、いわゆる中心部分に対してニキビが発生してしまう事もあります。

 

またはそのアゴの両側に対して、吹き出物が発生してしまう事もあるのですね。
それは自律神経の乱れによって発生している事が多いのだそうです。
ですのでその解消が見込める魚類や牛肉のレバーなどは、ニキビの解消につながると言われています。

 

こうして見てみますと、ニキビの解消につながる食材は全般的に魚類が多いですね。
ですので普段から魚類を積極的に摂取するようにすれば、ニキビの改善も見込まれるのではないでしょうか。

 

普段肉を中心に食べているのでしたら、それを魚にチェンジしてみるだけでもだいぶ変わってくると思います。

 

 

 

 

大人ニキビがよく出来る箇所として顎周りの次に多いと言われるフェイスライン。

 

コンシーラーでもカバーしにくく、視覚的にも分かり辛い白ニキビや、ニキビ跡の黒ズミも溜まりやすいのが特徴です。 また髪の毛が直接触れる箇所でもあるので、何度も手で触っては雑菌も繁殖し易い部分でもあります。

 

そこで最初からフェイスラインにニキビができない肌の土台を作るには、保湿ケアが最重要になります。

 

特にフェイスライン部分は、Tゾーンと言われるおでこや鼻筋部分の皮膚と比較しても、水分量が半分程度と少なく、常に潤いを与えていないと乾燥を更に進行させてしまう恐れがあります。

 

更にフェイスラインのニキビを繰り返し発症していると、角質層に大きなダメージを与えるばかりで、正常なバリア機能をも破壊してしまいます。

 

ですので、保湿する時間を少し増やすだけでも、キメが荒くなった角質の肥大化を防ぎ、バリア機能の更なる向上を促す事ができます。

 

フェイスラインのニキビのケアには保湿を最も優先するのは間違いないですが、もし赤ニキビになって炎症を伴っている時は、通常の保湿化粧品だけでは改善は難しいです。

 

その時の対処法として、抗炎症成分が含有しているニキビ専用の化粧品に変えるだけで、肌の状態は一変しやすいです。また大人ニキビ全般には、ビタミンCも大変有効で、肌に取り入れる事で色素沈着を防ぎ、炎症の早期鎮静にも働きかけてくれます。

 

ビタミンCは今は手軽にサプリメントでも補給できますが、体内でどんどん吸収される故に、皮膚の深層部まで届かないデメリットもあります。

 

なので、肌表面から直接化粧品でビタミンCを注入してあげる事で、真皮の下層まで成分を浸透させる事ができ、より早くニキビの炎症を鎮めてくれます。

 

そんな頑固なフェイスラインのニキビを早期に抗菌し、且つハイレベルの保湿を施してくれる基礎化粧品はビーグレンです。

 

ビーグレンは、敏感肌にも刺激を与えない薬用成分が主材料となっているので、今あるニキビを治癒しながら予防もできる一石二鳥の化粧品です。

 

このようにフェイスラインのニキビは治りにくいからと端から諦めず、まずは保湿と抗菌を第一にケアに努め、毎日継続させる事を心掛けてみましょう。

 

 

こんにちは、アラサーの女性会社員です。
私は20代の後半頃から嫌なニキビが、出来始めました。

 

ニキビのサイズは大きくとても目立つので、毎日仕事に行くのが凄く憂鬱でした。
一つのニキビが治らないうちに新しいニキビがどんどん生まれ、気が付いたら顎やフェイスラインに大量のニキビが出来ていました。

 

原因はホルモンバランスの乱れと、仕事や人間関係のストレスではないかと思います。

 

出来てしまったニキビを治すためには、やっぱり洗顔が大事だと思っていたので、さっぱりタイプの洗顔剤を使用して毎日念入りに洗顔を続けていました。
ところが肌はカサカサに乾燥し、ニキビは一向に治りませんでした。

 

このニキビを本気で治したいと思い、ネットで調べていたら「どろあわわ」のスキンケアセットを見つけました。

 

どろあわわの洗顔剤は海底と火山灰の泥が配合されているので、毛穴の汚れを優しく取り除きながらニキビを改善してくれそうだと思いました。和漢植物エキスがたっぷりと配合された化粧水、美白効果が期待できそうな美容液、どれも凄く興味を持てたので思い切って購入して使ってみることにしました。

 

一番のお気に入りが、洗顔剤です。まるでホイップクリームのようなモコモコの泡が、あっという間に作れるんですよ。すすぎも速いので、水道代の節約にもなりますね。

 

洗い上がりの肌は汚れはスッキリ綺麗に落ちているのに、しっとりと潤いまるでむき卵のようにツルツルになりました。

 

化粧水は保湿力が高いですし、美容液はとても伸びが良く、もっちりとした潤いのある肌に整えてくれます。どのアイテムも肌にとても優しく、ニキビで荒れた肌でも安心して使用することができました。

 

どろあわわのスキンケアを使うようになってからは、ボコボコで汚かった肌がつるんと滑らかになり、ニキビの直りが早くなってきたようです。
今まで使ってきた洗顔剤は、大事な肌の水分まで奪っていたのかもしれません。
きちんと肌を保湿すればニキビの治りは早くなるんだと、改めて実感をしました。

 

 

最近顔や胸元だけでなく、お尻にも大人ニキビを抱える人が増えています。
その要因として一番考えられるのは、下着の度重なる摩擦や長時間椅子に座っている事で、お尻の角質にダメージを与えてしまい、ニキビを発症してしまうケースが殆どです。 

 

お尻ニキビが出来ると、外部の雑菌から肌を守ろうとする力が強い故に角質が分厚くなり、汚れが溜まり易い状態になります。
そしてお尻ニキビは、顔部分よりも自然治癒がしにくく、動いた弾みで鋭い痛みも伴いやすいので、なるべく早期に悪化を防ぐケアをしなければなりません。

 

お尻ニキビケアで最も気を配りたいのが、汗による乾燥やムレを極力防いで、清潔感を保つという事です。
さすがにお尻を定期的に拭くケアをしている人は少ないかもしれませんが、気が付いた時に微量の汗を拭き取るだけでも効果は違います。

 

また汗ムレを徹底的に予防するなら、予め風通しが良い綿素材の下着を履いて、雑菌の繁殖を防ぐという対策も有効です。

 

中でもピッタリとした下着を身に付けている人は、肌を締め付ける事で空気の通りを悪くしているので、余計に皮膚がカサカサしてしまいがちです。

 

くれぐれも余裕を持った下着サイズを選んで、顔ニキビと同様に同じ保湿ケアを惜しんではいけません。特にお尻周りの皮膚は乾燥でガチガチに硬くなる性質があるので、角質の柔軟ケアも重要になります。

 

お風呂で軽く尻周りのハンドマッサージを施して、血行を促す事でも角質は柔らかくなります。
ちなみに、お尻部分を保湿ケアする時は、油分の多いテクスチャーではなく、水分量が多い軽いジェルタイプの美容クリームがお勧めで、成分にプラセンタエキスやコラーゲンが含有していると尚ベストです。

 

特にジュエルレインというニキビケア商品は、サラサラとしたジェル状になっており、お尻のかさつきやボコボコになったヒビ割れにも効果があると支持されています。

 

一朝一夕では治まりにくいお尻ニキビは、こまめに汗による皮脂を素早く取り除く事に気を付け、保湿は勿論、角質を柔らかくするケアも忘れないで下さい。